離婚後の養育費の相場は?

離婚を意識されている方は「離婚後の養育費の相場はどのくらい?」と気になると思います。

相手や子供の年収によって違うのですが、養育費算定表を元に一般的な例を参考にご紹介していきます。

 

養育費算定表とは

養育費算定表は裁判所が基準と出している養育費の算定基準となります。

これまでずっと金額が低すぎると指摘され続けてきましたが、2019年12月に、養育費の金額が見直しが行われ、平均1~2万円の増額が行われました。

それでも低いと感じる人は多いとは思いますが、最新の基準を基に、実際の例を見ていきましょう。

 

相手の年収が300万/子どもが1人の場合

一般企業にお勤めの方で「2〜4万円」程度、自営業者は「4〜6万円」程度が相場です。

子供の年齢が15歳〜19歳になると、一般企業にお勤めの方で「4〜6万円」程度、自営業者の方は「6〜8万円」が相場となります。

 

相手の年収が500万/子どもが1人の場合

一般企業にお勤めの方で「4〜6万円」程度、自営業者は「6〜8万円」程度が相場です。

子供の年齢が15歳〜19歳になると、一般企業にお勤めの方で「6〜8万円」程度、自営業者の方は「8〜10万円」が相場となります。

 

相手の年収が700万/子どもが1人の場合

一般企業にお勤めの方で「6〜8万円」程度、自営業者は「8〜10万円」程度が相場です。

子供の年齢が15歳〜19歳になると、一般企業にお勤めの方で「8〜10万円」程度、自営業者の方は「10〜12万円」が相場となります。

 

子どもの人数や年齢に応じて養育費も上がる

もし子どもが2名の場合は、上記の金額に+2万円程度の増額となります。

また、15歳〜19歳で養育費が上がるのは、高校や大学専門学校への進学費用、子供の年齢に伴う生活費の増加が加味されているためです。

 

算定表はあくまで公立の学校を基準にしています

なお、注意しないといけないのは、養育費算定表は全て公立の学校への進学を基準に算定されているという事です。

私立の学校に通う場合は、もっと費用がかかりますし、当然、留学などの可能性も考慮されていません。

算定表はあくまで基準であって全てではないので、離婚協議が出来る場合は慎重に取り決める必要があります

 

以上、今回は養育費について触れてみました。

参考になれば幸いです。

前のページへ戻る

 

最新記事

月別アーカイブ

 

探偵ちゃん

FIRST探偵事務所

FIRST探偵事務所

〒900-0002
沖縄県那覇市曙2丁目25-39
屋比久産業ビル205号室

沖縄県公安委員会探偵業届出番号 第97200005号

調査
項目

  • 浮気調査
  • 素行調査
  • 行方調査
  • 盗聴器発見
  • ストーカー調査
  • .etc

 

クレジット

クレジットカード決済に対応しています