浮気調査で素人のにわか調査や尾行を絶対にオススメしない理由

多くの探偵事務所が「素人のにわか調査や尾行は絶対にやめて下さい」という事を謳っています。

これはもちろん自分たちの仕事が無くなるから・・という意味ではなく、リスクが大きく良い結果を生まない事がほとんどだからです。

今回はその理由について詳しく解説していきます。

 

当事者による直接尾行・素人の尾行はバレることが多い

浮気・不倫など、やましい事がある人は、バレないように気をつけているものですし、自分がやましいからこそ相手の事も疑いやすくなるものです。

バレないように意識しても、パートナーの事を尾行したり、様子を伺う行動をすると不自然な感じになってしまう人が多いですし、勘の良い人なら感づいてしまう事もあると思います。

 

見覚えの無い車であれば追跡や、移動先に車があっても気づきませんが、見覚えのあるパートナーの車があればすぐに気づかれてしまいますよね。

また、TVのシーンにあるような、徒歩で延々とついていくような尾行は実際にはしません。

GPSを活用したり、行動パターンを分析し、しっかり調査計画を立てた上で、狙いを定めた効率的な調査を行う必要があり、不必要な時間をかければかけるほどバレやすくなってしまいます。

 

集めた証拠が裁判で有効な証拠にならない可能性も

世間一般では浮気の証拠とみなされる情報でも、裁判の場では有用な証拠とみなされない可能性もあります。

例えば

・同窓会の夜に夫が浮気をした疑いが高く、その後もその相手と頻繁にLINEで連絡をとっている。

・LINEで肉体関係があったような内容も出てきたので、スクリーンショットも撮った。

残念ながら、これだけでは裁判で有用な有効な証拠にはなりません。

 

被害者という立場の感情から冷静になれず、証拠の取得方法に違法性があったり、裁判では使えないというケースもあったりします。

探偵調査会社が作成する調査報告書は裁判でも有用な証拠として認められています。

 

尾行がバレると警戒され、証拠が掴みにくくなる

最悪なのは尾行がバレるケースです。

一度でも尾行がバレてしまうと、相手は最大限に警戒します。

LINEの履歴をこまめに消したり、浮気相手と会う頻度を減らしたり、会う場所や時間帯を変えたりと必ず対策をしてきます。

また、尾行についても警戒されてバレやすくなるのは確実です。

 

そこから探偵事務所に依頼をかけても無駄に調査時間と費用がかかる

尾行がバレたことで直接調査することを諦め、そこから探偵調査会社に依頼した場合はどうなるでしょうか?

対象者が尾行を警戒し、今までと行動パターンを変えてしまっている場合、効率的な行動計画を立てられないため、無駄に時間がかかってしまいます。

また、会う頻度を減らすだけでなく、2ヶ月ぐらい会うのを控えるという行動に出られた場合は、時間をかけても証拠の掴みようがありません。

調査料金は時間に比例しますので、本来なら2名体制の調査で10時間〜15時間で済むはずだった調査が、30時間かかり費用が2倍、3倍になってしまうという結果になってしまう事も有りえます。

 

にわか調査の結果、時間が無駄になり、探偵調査会社に依頼した際には時間と費用が余計にかかってしまう。

探偵調査会社が素人のにわか調査や尾行をオススメしないのは、依頼者様に不利益な結果になるリスクが高いためなんです。

 

行動パターンや証拠につながる情報だけを集めて探偵事務所に依頼しよう

理想は、対象者の行動パターンや、証拠につながる情報をできる限り揃えた状態で、直接の調査はせずに探偵事務所に依頼することです。

ご提供頂く情報量が多ければ多いほど、ピンポイントで証拠を抑えられる計画的で効率の良い調査が可能です。

調査時間を短縮できるので、その結果、費用も抑えられます。

 

効率的に裁判でも有用な証拠を取るためには探偵調査会社との信頼関係と連携が大切になります。

浮気の証拠を取りたい場合は、まずは、お気軽に当探偵事務所までお問い合わせ下さい。

前のページへ戻る

 

最新記事

月別アーカイブ

 

探偵ちゃん

 

探偵サーチ

 

人探しの窓口

 

浮気調査の料金比較まとめ

FIRST探偵事務所

FIRST探偵事務所

〒900-0002
沖縄県那覇市曙2丁目25-39
屋比久産業ビル205号室

沖縄県公安委員会探偵業届出番号 第97200005号

調査
項目

  • 浮気調査
  • 素行調査
  • 行方調査
  • 盗聴器発見
  • ストーカー調査
  • 結婚前調査
  • 近隣調査
  • 勤務先調査
  • 雇用調査
  • .etc