風俗通いがバレて夫婦関係が破綻。風俗通いは離婚事由になるの?

風俗通いは離婚事由になるのでしょうか?

男性の中には風俗通いは問題なし、もちろんバレるのはまずいけど、離婚事由にまでなるものではないと考えている人も多いようです。

法律的に実際のところはどうなのでしょうか?

 

風俗通いも不貞行為とみなされることがある

男性の感覚と、法律上の解釈は全く別ものです。

一般の女性であっても、風俗の女性であっても、異性との性的な行為ということに変わりはありませんので、風俗通いも不貞行為とみなされる可能性が十分にあります。

 

実際に夫婦関係が破綻するかどうか?

円満な夫婦関係で、妻側が夫の浮気など絶対にあり得ないと信じ切っている状態で、風俗通いが発覚した場合、奥さん側の精神的なダメージは相当なものです。

当然、裏切り行為だと感じ、夫婦関係が亀裂に入りますし、結果的に夫婦関係が破綻してしまう可能性もあります。

夫婦関係の破綻の原因が風俗通いである事が明確な場合は、離婚裁判で風俗通いが不貞行為であり、離婚事由として認められる可能性が高いです。

 

妻側が結婚前から男性側の風俗通いを把握していて、それを指摘した事もあるが、絶対に通わないでとは言わなかった。

結婚後も多少はあるだろうな〜と考えていて、やっぱりか!!という感じで発覚。

この場合はどうでしょうか?

 

同じ風俗通いという事実はありますが、奥さん側のダメージも前者とは違いますし、離婚裁判に持ち込んだとしても、過去に風俗通いを黙認していた事実があれば、離婚事由とまでは認められない可能性があります。

 

行動は同じでも、結果として夫婦関係の破綻に繋がるか??という点もあるため、ケース・バイ・ケースという事は理解しておきましょう。

 

本番行為がなければ不貞行為にはならない?

風俗にはセクシーキャバクラ等の軽めのもの、ファッションヘルス等の一歩手前までだけど本番行為は含まないもの、本番行為を含むソープなど、様々な種類があります。

男性の中には本番行為がなければ、つまりソープでなければセーフと考えている人も多いようです。

 

ですが、本番行為がなくても、性的類似行為も立派な不貞行為とみなされるケースがあります。

風俗でなくとも、一緒にお風呂に入る時点で性的類似行為とみなされる事をしっておきましょう。

 

別居状態など、既に夫婦関係が破綻している場合は?

既に別居状態にあり、夫婦関係が破綻している場合は、風俗通いが慰謝料に大きな影響を及ぼす事はありません。

あくまで、風俗通いが円満な家庭生活を破綻させた、破綻に向かう亀裂につながったという原因と結果の関係が必要です。

 

夫の風俗通いを我慢する必要はありません

ここまで、風俗通いが離婚事由になるかどうかは、夫婦の関係性や妻側の受け取り方によって変わり、破綻という結果に繋がるか?という点が大きく考慮されるという事を説明してきました。

夫婦の力関係で夫側が強くて、たまの風俗通いぐらい許してよというスタンスを取ってきたとしても、我慢して受け容れる必要はありません。

 

一度、風俗に行ったことが発覚してケンカになった場合は、次また行ったら離婚だからね!と強い態度を取っても構いません。

なぜなら、程度に関わらず風俗通いは立派な不貞行為、裏切り行為だからです。

女性によって考え方は様々だと思いますが、少しでも嫌な気持ちがあるのなら夫の風俗通いを我慢する必要は無いと理解しておいてください。

 

なお、残念ながら妻に隠れて風俗通いを続ける男性はチャンスさえあれば一般の女性とも浮気をする可能性が高いです。

不信感のつのる状況が続くようなら、事実を明らかにするためにも一度、探偵事務所に相談することをオススメします。

前のページへ戻る

 

最新記事

月別アーカイブ

 

探偵ちゃん

 

探偵サーチ

 

人探しの窓口

 

浮気調査の料金比較まとめ

FIRST探偵事務所

FIRST探偵事務所

〒900-0002
沖縄県那覇市曙2丁目25-39
屋比久産業ビル205号室

沖縄県公安委員会探偵業届出番号 第97200005号

調査
項目

  • 浮気調査
  • 素行調査
  • 行方調査
  • 盗聴器発見
  • ストーカー調査
  • 結婚前調査
  • 近隣調査
  • 勤務先調査
  • 雇用調査
  • .etc