1. FIRST 探偵事務所
  2. ブログ
  3. 熟年離婚はなぜ起こる?その特徴について詳しく解説します

熟年離婚はなぜ起こる?その特徴について詳しく解説します

熟年離婚とは50代、60代ぐらいの夫婦の離婚のことを指すとも言われていますが、明確な定義はありません。

50歳に結婚して55歳で離婚した夫婦を熟年離婚と呼ぶかというと、少し違和感があると思います。

結婚後20年、30年経って、長年連れ添ってからの離婚という「期間」も含んだ言葉としてイメージする方が正しいと思います。

 

では、なぜ熟年離婚が起こるのでしょうか?

今回は熟年離婚の特徴と、メリット・デメリットなどについて解説していきたいと思います。

 

熟年離婚はなぜ起こる?

熟年離婚で多いのは、子育てが一段落し、仕事も落ち着き、プライベートに時間やお金をさけるようになった結果、新しい一歩を踏み出すために離婚を決意するというパターンです。

世間一般的には、20代半ば〜30代前半ぐらいで結婚する夫婦が多いですよね。

そこから2〜3年で子どもができたとして、その子どもが成人するのは50代半ば〜60歳ぐらいになる計算です。

 

50代、60代の熟年離婚が多い事には子どもの自立が大きく関わっているわけです。

逆に言うと、子どもがいるから離婚したくても離婚できない、離婚を見合わせているという夫婦が非常に多いという事でもあります。

近年、熟年離婚が多い背景にはどういった理由があるのでしょうか?


熟年離婚の原因は?

性格の不一致

価値観などの違いから衝突が起こり、次第に会話自体が減り、ほとんど口も聞かない。

残念ながら、そういった状態でも子どもの事や経済的な理由で、婚姻関係を継続している夫婦は沢山います。

こういった夫婦は落ち着いたタイミングで離婚したいと長年考えているため、夫の定年退職や、子どもの成人などの区切りをキッカケに離婚に踏み切るケースが非常に多いです。

 

浮気・不倫(不貞行為)

時間とお金に余裕ができ、プライベートに目を向け始める余裕が生まれると、異性にも目が向いてしまいがち。

50代でも浮気・不倫をする人は意外と多いのです。

パートナーへの愛情が冷めて、長年仮面夫婦を演じている状態であれば、素敵な人が現れたら心を奪われてしまうのは当然の事かもしれません。

心変わりではなく、元々心がなかった訳なので、新たな恋に突き進んでしまうのです。

 

DV・モラハラ

夫から妻に対してが多いのですが、50代・60代の夫婦間ではDVやモラハラでの離婚も多いです。

年代が上がると社会的な地位も上がり、男性は尊大でガンコになりがちです。

また、50代・60代になっても十分な地位を築けず、虚無感から妻にあたってしまうという逆のパターンもあります。

妻の言動が思い通りにならないと、思わず手や、激しい言葉が出てしまう男性は残念ながら一定数以上います。

 

女性の社会進出で離婚しやすい環境に

離婚したくても出来ない理由の一つに経済的な不安があります。

特に男性よりも収入が少ない傾向が強い妻側は、シングルマザーになって経済的に自立し、不自由なく子育てをしていけるかどうか?という不安から、離婚に踏み切れないというのがこれまでの流れでした。

 

ですが、近年、女性の社会進出が進み自立した女性が増え、所得格差が埋まりつつあります。

金銭的な不安がなければ、迷わず離婚したいと考えている女性は非常に多いというのが、実情です。


離婚が後ろめたいものではなくなった

社会の風潮として、夫婦は添い遂げるもの、離婚はネガティブで後ろめたいものといった古いイメージは薄れつつあります。

離婚への抵抗がなくなり、あくまで一つの選択肢として考えられるようになったという事も影響しています。

 

熟年離婚するぐらいなら、より早期の決断をオススメします

熟年離婚にはメリットも、デメリットもありますが、そもそも熟年離婚するぐらいなら、より早期に決断する方がオススメです。

 

その理由は

 

・過去に不貞行為があったとしても、法律上は時効になっている可能性がある

・後から過去の不貞行為の証拠を集めるのは困難

・夫婦関係が実質的に破綻している状態では、不貞行為とみなされない(責任が軽くなる)可能性がある

 

その結果、離婚裁判で大きな慰謝料を取るのは難しく、結局は協議離婚や調停離婚という流れになりがちだからです。

 

本来、DVやモラハラは離婚事由になり、しっかり慰謝料を取れる内容ですが、過去の事で証拠を集められないという事であれば、裁判で有利な判決を得るのは難しいのが実情です。

 

熟年離婚が多いのは、離婚したい事情があるにも関わらず我慢して婚姻関係を続ける夫婦が多いからです。

 

ですが、熟年離婚でも結局、財産分与や親権についての協議など、取り決めをしないといけない事は同じです。

それであれば、それらの取り決めを有利にし、場合によっては慰謝料を取れるように、早い段階で離婚に踏み切ったほうがその後の人生のためでもあります。

 

なお、不貞行為の疑いが強いのであれば、離婚裁判で慰謝料やその他有利な条件を勝ち取ることができる可能性が高いので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

 

浮気調査のメニュー詳細はコチラ

 

  LINE@からもご相談可能ですので、お気軽にご相談下さい。

  

   https://lin.ee/AhEalrf

著者

Mishiro
MishiroFIRST探偵事務所 代表
記事をお読み頂きありがとうございます!

探偵事務所を安心してご活用頂けるようにお悩みやお困りごとをお抱えの皆様に役に立つ情報をわかりやすく発信していきたいと思います。

 

お支払い方法

お支払い方法


お問い合わせ

ご相談などはお電話・メール・LINEなどから受け付けております。
お気軽ににご相談ください。

365日24時間対応可能・相談無料

相談窓口・TEL 0120-807-783

前のページへ戻る

 

最新記事

月別アーカイブ

 

探偵ちゃん

 

探偵サーチ

 

人探しの窓口

 

浮気調査の料金比較まとめ

沖縄 FIRST探偵事務所

FIRST探偵事務所

〒900-0002
沖縄県那覇市曙2丁目25-39
屋比久産業ビル205号室

沖縄県公安委員会探偵業届出番号 第97200005号

調査
項目

  • 浮気調査
  • 素行調査
  • 行方調査
  • 盗聴器発見
  • ストーカー調査
  • 結婚前調査
  • 近隣調査
  • 勤務先調査
  • 雇用調査
  • .etc

 

First探偵事務所の電話番号

お問い合わせフォーム